わたしたちができること

『AMR対策 5つのアクション』

未来のために今からできる!薬剤耐性(AMR)対策アクションをご紹介

  • 抗菌薬の正しい知識抗菌薬は風邪に効かない
  • やっぱり大切手洗い・ワクチン接種
  • 抗菌薬は医師の処方箋が必要

TVアニメ「はたらく細胞」コラボ

啓発キャンペーンツール

今年の薬剤耐性対策キャンペーンのメインキャラクターはTVアニメ「はたらく細胞」
コラボツールがダウンロードできます

リーフレット

薬剤耐性(AMR)クイズ

参加者全員にもれなくTVアニメ「はたらく細胞」コラボダウンロードコンテンツをプレゼント

クイズに答えながら親子で学べる薬剤耐性(AMR)

Q.1かぜやインフルエンザに抗菌薬は

❌ 不正解

答え:効かない

かぜは、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、 せき、たん、のどの痛み、発熱などがでることを言います。 抗菌薬は、文字通り、細菌と戦う薬です。細菌とウイルスは全く別の病原体ですから、抗菌薬はウイルスには効きません。ウイルスによって起こるかぜには、抗菌薬を飲んでも意味がないのです。

⭕️ 正解

答え:効かない

風邪は、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、 せき、たん、のどの痛み、発熱などがでることを言います。 抗菌薬は、文字通り、細菌と戦う薬です。細菌とウイルスは全く別の病原体ですから、抗菌薬はウイルスには効きません。ウイルスによって起こる風邪には、抗菌薬を飲んでも意味がないのです。

Q.2抗菌薬を服用して体調が良くなった場合

⭕️ 正解

答え:最後までのみきる

抗菌薬は、細菌と戦う薬で、細菌による感染症に処方されます。
細菌にはいろいろな種類があり、それぞれの細菌の治療に必要な抗菌薬は異なり、その飲み方もさまざまです。
抗菌薬を処方された量で、処方された回数で、処方された期間飲まないと、あなたの細菌感染症が治らないだけではありません。
不適切、不十分な飲み方をすると、抗菌薬が効かない細菌が生まれてしまうことがあります。
症状の有無に関わらず、お医者さんから指示された抗菌薬はきちんと飲み切りましょう。

❌ 不正解

答え:最後までのみきる

抗菌薬は、細菌と戦う薬で、細菌による感染症に処方されます。
細菌にはいろいろな種類があり、それぞれの細菌の治療に必要な抗菌薬は異なり、その飲み方もさまざまです。
抗菌薬を処方された量で、処方された回数で、処方された期間飲まないと、あなたの細菌感染症が治らないだけではありません。
不適切、不十分な飲み方をすると、抗菌薬が効かない細菌が生まれてしまうことがあります。
症状の有無に関わらず、お医者さんから指示された抗菌薬はきちんと飲み切りましょう。

Q.3感染症の予防に大切なのは、手洗い・咳エチケット

⭕️ 正解

答え:ワクチン接種

感染症にはワクチンで予防できるものがたくさんあります。ワクチンをうつと、あなたのからだはその病原体に対して免疫を獲得します。
そうすると、その病原体がからだに侵入しても、病気にならない、または病気になっても症状が軽くすむようになるのです。
小児期のワクチン接種が十分でない場合、大人になってからでも、足りない分を補うことも大切です。あなたや子どもたちのワクチン接種歴を母子手帳などでもう一度確認しましょう。

❌ 不正解

答え:ワクチン接種

感染症にはワクチンで予防できるものがたくさんあります。ワクチンをうつと、あなたのからだはその病原体に対して免疫を獲得します。
そうすると、その病原体がからだに侵入しても、病気にならない、または病気になっても症状が軽くすむようになるのです。
小児期のワクチン接種が十分でない場合、大人になってからでも、足りない分を補うことも大切です。あなたや子どもたちのワクチン接種歴を母子手帳などでもう一度確認しましょう。

Q.4処方された抗菌薬は家族や友達に

❌ 不正解

答え:譲ってはいけない

抗菌薬はあなたに合わせて処方されています。あなたの年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮して、あなたにちょうどよい量に調整されているのです。
だからこそ、抗菌薬を譲渡したり、他の人に処方された抗菌薬をもらって飲んだりしてはいけません。
そもそも効果がないかもしれませんし、思わぬ副作用に苦しめられることすらあります。

⭕️ 正解

答え:譲ってはいけない

抗菌薬はあなたに合わせて処方されています。あなたの年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮して、あなたにちょうどよい量に調整されているのです。
だからこそ、抗菌薬を譲渡したり、他の人に処方された抗菌薬をもらって飲んだりしてはいけません。
そもそも効果がないかもしれませんし、思わぬ副作用に苦しめられることすらあります。

Q.5抗菌薬についてわからないことがあれば、医師や〇〇に相談する

❌ 不正解

答え:薬剤師

細菌による感染症といってもさまざまな種類があります。細菌による感染症には抗菌薬(抗生物質、抗生剤)を用いて治療しますが、抗菌薬を内服する量や期間も、感染症の場所と原因菌の組み合わせで変わってくるのです。
そのために詳しく症状を聞いたり検査を行ったりして体のどこに問題がおきているのか、原因になっている菌は何かを考えて治療方針を立てるのが医師の役割です。
わからないことは自己判断せず、医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

⭕️ 正解

答え:薬剤師

抗菌薬はあなたに合わせて処方されています。あなたの年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮して、あなたにちょうどよい量に調整されているのです。
だからこそ、抗菌薬を譲渡したり、他の人に処方された抗菌薬をもらって飲んだりしてはいけません。
そもそも効果がないかもしれませんし、思わぬ副作用に苦しめられることすらあります。

参加ありがとう!

Q.1かぜはヒトからヒトへ飛沫核感染する。

⭕️ 正解

答え:正しい

かぜをひいたときに出るくしゃみや咳のしぶき(飛沫)のなかに、かぜのウイルスが含まれています。このしぶきを吸い込むことにより感染することを飛沫感染といいます。飛沫核感染とは、飛沫の中の水分がほとんど失われた状態の飛沫核を吸い込んで感染することをいいます。代表的なものは結核、水痘、麻疹です。

❌ 不正解

答え:正しい

かぜをひいたときに出るくしゃみや咳のしぶき(飛沫)のなかに、かぜのウイルスが含まれています。このしぶきを吸い込むことにより感染することを飛沫感染といいます。飛沫核感染とは、飛沫の中の水分がほとんど失われた状態の飛沫核を吸い込んで感染することをいいます。代表的なものは結核、水痘、麻疹です。

Q.2ウイルスによる病気を治療する薬は、これまで多く開発されている。

❌ 不正解

答え:間違い

細菌を殺す抗菌薬とは違い、一般的に使用される抗ウイルス薬(ウイルス性の病気に対する治療薬)はそれほど多くなく、昨今少しずつ開発が進んできたところです。
現在のところ、インフルエンザ、ヘルペス、HIV、C型肝炎などが抗ウイルス薬の主なものです。

⭕️ 正解

答え:間違い

細菌を殺す抗菌薬とは違い、一般的に使用される抗ウイルス薬(ウイルス性の病気に対する治療薬)はそれほど多くなく、昨今少しずつ開発が進んできたところです。
現在のところ、インフルエンザ、ヘルペス、HIV、C型肝炎などが抗ウイルス薬の主なものです。

Q.3ヒトの体の細胞には細胞壁があるので、βラクタム系の抗菌薬を飲むとヒトの細胞もやっつけられてしまう。

❌ 不正解

答え:間違い

ヒトの体の細胞には細胞壁がありません。一方、細菌には細胞壁があるものが多く、βラクタム系の抗菌薬は、細胞壁の合成を邪魔することによりその効果を発揮します。
抗菌薬は、ヒトの細胞になくて細菌の細胞にある構造物をターゲットにすることで、安全に治療効果を発揮します。

⭕️ 正解

答え:間違い

ヒトの体の細胞には細胞壁がありません。一方、細菌には細胞壁があるものが多く、βラクタム系の抗菌薬は、細胞壁の合成を邪魔することによりその効果を発揮します。
抗菌薬は、ヒトの細胞になくて細菌の細胞にある構造物をターゲットにすることで、安全に治療効果を発揮します。

Q.4CRE(Carbapenem resistant Enterobacteriaceae:カルバペネム耐性腸内細菌科細菌)は、カルバペネムを含むほとんどすべてのβ―ラクタム薬を分解するカルバペネマーゼという酵素をもつため、カルバペネム系抗菌薬に耐性となっている。

❌ 不正解

答え:間違い

CREの中には、カルバペネマーゼを持たず、他の耐性機序によりカルバペネム系抗菌薬に耐性となっているものも存在します。

⭕️ 正解

答え:間違い

CREの中には、カルバペネマーゼを持たず、他の耐性機序によりカルバペネム系抗菌薬に耐性となっているものも存在します。

Q.5石けんによる手洗いは、アルコール製剤による手指消毒よりも効果が劣る。

⭕️ 正解

答え:正しい

石けんで洗うと手についた菌の量は1/10~1/1000程度減りますが、アルコール製剤での手指消毒は1/10,000~1/100,000程度減ります。
ただし、目に見える汚れがついているとき、下痢嘔吐の患者さんの処置時などは、石けんで手を洗いましょう。

❌ 不正解

答え:正しい

石けんで洗うと手についた菌の量は1/10~1/1000程度減りますが、アルコール製剤での手指消毒は1/10,000~1/100,000程度減ります。
ただし、目に見える汚れがついているとき、下痢嘔吐の患者さんの処置時などは、石けんで手を洗いましょう。

参加ありがとう!

第5回 薬剤耐性(AMR)あるある川柳

多くの方に関心をもってほしい!
薬剤耐性(AMR)をテーマに今年も川柳を募集します!
たくさんのご応募お待ちしております。

過去の受賞作品

2021年度 薬剤耐性(AMR)対策

啓発キャンペーン活動

11月の薬剤耐性対策推進月間に向けて今年もさまざまなキャンペーン活動を実施します。

HOME

一般の方へ

医療従事者の方へ

インフォグラフィックで知る!薬剤耐性(AMR)

列島縦断 AMR対策 事例紹介シリーズ

お知らせ・更新情報

お問い合わせ

サイトポリシー

SNS