一般の方へ
私たちができること

風邪に抗菌薬は効きません

2017年9月

 「のどが痛いし、鼻がぐずぐずして、なんだか体もだるいな、風邪をひいたかな?」と考え、休息をとったり、体に優しいものを食べたり、場合によっては病院に行ったりしたことは皆さんあるでしょう。風邪は、誰にとっても身近な病気です。

 風邪は、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、せき、たん、のどの痛み、発熱などがでることを言います。この、「風邪の原因はウイルス」というのが大切なポイントです。風邪の原因は細菌ではないのです。風邪の症状はいずれも、あなたの体がウイルスと戦っているサインです。風邪を治すのはあなた自身の免疫力であり、お薬ではありません。医師が処方したり薬局で売られている風邪薬は、風邪のつらい症状を和らげるためのもので、原因のウイルスをやっつける薬ではないのです。

 抗菌薬は、文字通り、細菌と戦う薬です。細菌とウイルスは全く別の病原体ですから、抗菌薬はウイルスには効きません。ウイルスによって起こる風邪には、抗菌薬を飲んでも意味がないのです。また、抗菌薬には副作用もあります。風邪には必要のない抗菌薬に大切な医療費を使い、さらにそれを飲んで副作用がでる、などということは避けなければなりません。

 そうはいっても、「この前風邪をひいたときにはお医者さんが抗菌薬を出してくれたのに・・・」ということもあるでしょう。でも、その時風邪が治ったのは抗菌薬のおかげではありません。あなた自身の免疫力と休息で自然に治ったのです。もし、今度のお医者さんから「風邪なので抗菌薬はいりませんよ」と言われたら、どうかこんな風に考えてみてください。そのお医者さんは、あなたのこと、あなたの家族のこと、そしてあなたの地域のことを、より一生懸命に、より広く、長い目で考えてくれているのです。

HOME

一般の方へ

医療従事者の方へ

お知らせ・更新情報

お問い合わせ

SNS