薬剤耐性 AMR対策推進月間2022 薬剤耐性 AMR対策推進月間2022

薬剤耐性(AMR)とは

感染症の原因となる微生物(細菌・ウイルスなど)に
本来であれば効くはずの薬が効かなくなることです

「かぜ」の原因は“ウイルス”です。細菌に対する薬である抗菌薬は「かぜ」の時にのんでも効果はありません。
自己判断でのんだり、医師の処方を守らないと治らないばかりか、副作用が出たり「薬剤耐性菌」が生じて感染症の治療や予防の妨げになります。

2022年 新作動画

「細菌とウイルスの違い」編

「細菌とウイルスの違い」編

「かぜに抗菌薬は効きません!」編

「かぜに抗菌薬は効きません!」編

「知って対策!薬剤耐性」編<

「知って対策!薬剤耐性」編

クイズに答えながらたのしく学ぶ薬剤耐性(AMR)

薬剤耐性(AMR)クイズ

参加者全員にもれなく
TVアニメ「はたらく細胞」コラボ
ダウンロードコンテンツをプレゼント

Q.1かぜやインフルエンザに抗菌薬は

❌ 不正解

答え:効かない

かぜの原因のほとんどはウイルスです。かぜを引くと、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、せき、たん、のどの痛み、発熱などの症状が出ます。 抗菌薬は、文字通り、細菌と戦う薬です。細菌とウイルスは全く別の病原体ですから、抗菌薬はウイルスには効きません。ウイルスによって起こるかぜには、抗菌薬をのんでも意味がないのです。

⭕️ 正解

答え:効かない

かぜの原因のほとんどはウイルスです。かぜを引くと、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、せき、たん、のどの痛み、発熱などの症状が出ます。 抗菌薬は、文字通り、細菌と戦う薬です。細菌とウイルスは全く別の病原体ですから、抗菌薬はウイルスには効きません。ウイルスによって起こるかぜには、抗菌薬をのんでも意味がないのです。

Q.2コロナに抗菌薬は

❌ 不正解

答え:効かない

コロナは、コロナウイルスによる感染症でほとんどのかぜと同じようにウイルスが原因ですので抗菌薬は効きません。
つらい症状へ対症療法薬(解熱剤や鎮咳薬など)を使ったり、身体をゆっくりと休めたりすることが第一です。

⭕️ 正解

答え:効かない

コロナは、コロナウイルスによる感染症でほとんどのかぜと同じようにウイルスが原因ですので抗菌薬は効きません。
つらい症状へ対症療法薬(解熱剤や鎮咳薬など)を使ったり、身体をゆっくりと休めたりすることが第一です。

Q.3抗菌薬を服用して体調がよくなった場合

⭕️ 正解

答え:最後までのみきる

抗菌薬は、細菌と戦う薬で、細菌による感染症に処方されます。
細菌にはいろいろな種類があり、それぞれの細菌の治療に必要な抗菌薬は異なり、そののみ方もさまざまです。
抗菌薬を処方された量で、処方された回数で、処方された期間のまないと、あなたの細菌感染症が治らないだけではありません。
不適切、不十分なのみ方をすると、抗菌薬が効かない細菌が生まれてしまうことがあります。このようにして生まれてしまうのが薬剤耐性菌です。
薬剤耐性菌を生み出さないためにも、症状の有無に関わらず、お医者さんから指示された抗菌薬はきちんとのみきりましょう。

❌ 不正解

答え:最後までのみきる

抗菌薬は、細菌と戦う薬で、細菌による感染症に処方されます。
細菌にはいろいろな種類があり、それぞれの細菌の治療に必要な抗菌薬は異なり、そののみ方もさまざまです。
抗菌薬を処方された量で、処方された回数で、処方された期間のまないと、あなたの細菌感染症が治らないだけではありません。
不適切、不十分なのみ方をすると、抗菌薬が効かない細菌が生まれてしまうことがあります。このようにして生まれてしまうのが薬剤耐性菌です。
薬剤耐性菌を生み出さないためにも、症状の有無に関わらず、お医者さんから指示された抗菌薬はきちんとのみきりましょう。

Q.4処方された抗菌薬は家族や友だちに

❌ 不正解

答え:譲ってはいけない

抗菌薬はあなたの細菌感染症の治療に合わせて処方されています。あなたの年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮して、あなたにちょうどよい量に調整されているのです。
だからこそ、抗菌薬を他の人に譲ったり、他の人に処方された抗菌薬をもらってのんだりしてはいけません。
そもそも効果がないかもしれませんし、思わぬ副作用に苦しめられることもあります。

⭕️ 正解

答え:譲ってはいけない

抗菌薬はあなたの細菌感染症の治療に合わせて処方されています。あなたの年齢、体格、腎臓や肝臓の機能などを考慮して、あなたにちょうどよい量に調整されているのです。
だからこそ、抗菌薬を他の人に譲ったり、他の人に処方された抗菌薬をもらってのんだりしてはいけません。
そもそも効果がないかもしれませんし、思わぬ副作用に苦しめられることもあります。

Q.5感染症の予防に大切なのは、手洗い・咳エチケットと

❌ 不正解

答え:ワクチン接種

感染症にはワクチンで予防できるものがたくさんあります。ワクチンを接種すると、あなたのからだはその病原体に対して免疫を獲得します。
そうすると、その病原体がからだに侵入しても、病気にならない、または病気になっても症状が軽くすむようになるのです。またあなたがその病気にならないことであなたの周りのひとへの感染も予防できるのです。
幼少期のワクチン接種が十分でない場合、大人になってからでも、足りない分を補うことも大切です。あなたや子どもたちのワクチン接種歴を母子手帳などでもう一度確認しましょう。

⭕️ 正解

答え:ワクチン接種

感染症にはワクチンで予防できるものがたくさんあります。ワクチンを接種すると、あなたのからだはその病原体に対して免疫を獲得します。
そうすると、その病原体がからだに侵入しても、病気にならない、または病気になっても症状が軽くすむようになるのです。またあなたがその病気にならないことであなたの周りのひとへの感染も予防できるのです。
幼少期のワクチン接種が十分でない場合、大人になってからでも、足りない分を補うことも大切です。あなたや子どもたちのワクチン接種歴を母子手帳などでもう一度確認しましょう。

Q.6抗菌薬についてわからないことがあれば、医師や〇〇に相談する

❌ 不正解

答え:薬剤師

わからないことを、友だちや家族など身近なひとに聞いたり相談したりするのはよいことです。でも、抗菌薬については、抗菌薬を処方したお医者さんや薬の専門家である薬剤師さんに相談しましょう。薬剤師さんに相談すると、抗菌薬のことだけでなく、苦手な薬の上手なのみ方や、のみあわせなども教えてくれますよ。

⭕️ 正解

答え:薬剤師

わからないことを、友だちや家族など身近なひとに聞いたり相談したりするのはよいことです。でも、抗菌薬については、抗菌薬を処方したお医者さんや薬の専門家である薬剤師さんに相談しましょう。薬剤師さんに相談すると、抗菌薬のことだけでなく、苦手な薬の上手なのみ方や、のみあわせなども教えてくれますよ。

参加ありがとう!

わたしたちができること

AMR対策 5つのアクション

未来のために今からできる!薬剤耐性(AMR)対策アクションをご紹介

抗菌薬の正しい知識 抗菌薬はかぜに効かない やっぱり大切 手洗い・ワクチン接種 抗菌薬は医師の処方箋が必要 わからないことは医師・薬剤師に相談 抗菌薬をあげないもらわない取っておかない

TGC teenとイベントタイアップ!

TGC teen Tokyo 2022

TGC teen Tokyo 2022

2022年11月13日(日)にLINE CUBE SHIBUYAにて開催された『TGC teen 2022 Tokyo』に参加しました。 10代を魅了するトレンドを取り入れた、旬なコンテンツを展開している、またティーン世代に圧倒的に影響力のある、 日本最大級のガールズファッションイベント「東京ガールズコレクションティーン」とタイアップし、 「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」を周知し、薬剤耐性(AMR)対策の重要性を訴求しました。

TGC teenとは

東京ガールズコレクションがプロデュースする “令和teen”のためのガールズフェスタ。 これからの日本の未来を担うティーン世代がより輝くための基盤をつくり、新時代を託したいという思いから令和元年となる2019年夏に初開催。 SNSやYouTube上でティーンに絶大な影響力のある出演者を中心とした、ティーンの未知なるパワーを存分に発揮・体感できるイベントとなっている。

TGC teen 2022 Tokyo

2022年度 薬剤耐性(AMR)対策

啓発キャンペーン活動

11月の薬剤耐性対策推進月間に向けて
今年もさまざまなキャンペーン活動を
実施します。

第6回 「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」
11月1日より公募スタート

第6回薬剤耐性あるある川柳

近年、抗菌薬が効かない、効きにくい薬剤耐性(AMR)をもった細菌が世界的に増えており、大きな社会問題になっています。
そのAMR対策について、一般の方にも自身のこととして捉え、関心をもっていただくための啓発活動として、
第6回「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」の公募を行います。

JR東日本・京浜東北線(根岸線)トレインチャンネル動画CM放映

「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」の施策として、10月31日~11月6日の期間で、
JR東日本・京浜東北線(根岸線)のトレインチャンネルにおいて、動画CMを放映します。

TVアニメ「はたらく細胞」コラボ
啓発キャンペーンツール

リーフレット(外)
リーフレット(中)
ポスター
リーフレット(外)
リーフレット(中)
ポスター
リーフレット(外)

今年の薬剤耐性対策キャンペーンメインキャラクターは、TVアニメ「はたらく細胞」コラボツールがダウンロードできます。

「ウーマンエキサイト」に記事広告を掲載しました

ウーマンエキサイト

働くママのためのWEBメディア「ウーマンエキサイト」にて
薬剤耐性のことをマンガでわかりやすくご紹介しています。

HOME

一般の方へ

医療従事者の方へ

インフォグラフィックで知る!薬剤耐性(AMR)

列島縦断 AMR対策 事例紹介シリーズ

お知らせ・更新情報

お問い合わせ

サイトポリシー

SNS