医療従事者の方へ

「 日本全国のデータに基づいたアンチバイオグラム作成 」研究協力のお願い

医療従事者向けツール・資材など

「日本版アンチバイオグラム作成ガイドライン(JAG)」に基づき各施設で作成したアンチバイオグラムを集計・統合することにより、以下を目指しています。


  • 日本全国のデータに基づいた正確なアンチバイオグラムを作成する。
  • 主要な感染症起炎菌の正確な薬剤耐性率が明らかとなり、各種感染症の初期治療の選択や院内感染対策に貢献できる。
  • 国際・国内間でのデータ比較が可能となる。
  • 日本のおけるアンチバイオグラム作成の実態を把握する。
  • JAGの改訂に必要な意見を収集する。

 

「日本全国のデータに基づいたアンチバイオグラム作成」の概要についてはこちら

 

「アンチバイオグラム作成ガイドライン」はこちら

研究にご協力いただける場合

  • データ収集シートを下記よりダウンロードしてください。
  • ダウンロードしたデータ収集シートに必要事項をご記入ください。
  • 必要事項を記入したデータ収集シートと、JAGに基づいて作成したアンチバイオグラム(2018年・2019年)を下記へ、メールもしくは郵送でご提出ください。
    2018年、2019年いずれかでも結構です。

  

 締切 2020年6月末
 送付先  Email:

      郵送:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部附属病院検査部

 研究責任者 京都大学 松村康史

 

「アンチバイオグラム研究データ収集シート」はこちら

お問い合わせ先

AMR臨床リファレンスセンター
〒162-8655
東京都新宿区戸山1-21-1
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター

HOME

一般の方へ

医療従事者の方へ

インフォグラフィックで知る!薬剤耐性(AMR)

列島縦断 AMR対策 事例紹介シリーズ

お知らせ・更新情報

お問い合わせ

サイトポリシー

SNS